正しい血圧と健康の密接な関係

正しい血圧と健康の密接な関係というのは、血圧が高いという1つの症状です。たまたま測った血圧が高いときには血圧が高いといえますが「高血圧症」とは言い切れないです。
くり返しの測定で最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上であれば、診断されます。

血圧とは心臓から送り出された血液が動脈の内壁を押す力のことです。

心臓は、収縮と拡張を繰り返して血液を送り出しているので、心臓が収縮して血液が送り出されるときには血圧が上がり、反対に拡張して血液が心臓から送り出されないときには血圧は下がります。
動脈の血圧が最高に達したときの値を「最高血圧または収縮期血圧」、血圧が最低に達したときの値を「最低血圧または拡張期血圧」とします。
原因の判らないものを本態性高血圧症といい、高血圧症の90パーセント以上がこれに入ります。本態性は遺伝的な因子や生活習慣などの環境因子が関与しています。

体の中に血圧上昇の原因となるはっきりした病気がある高血圧症は二次性高血圧症と呼ばれ、腎動脈狭窄、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫などのように外科手術が必要なものもあります。
この動脈硬化は、脳出血や脳梗塞、大動脈瘤、腎不全、心筋梗塞、眼底出血などの原因となります。

また、心臓は高い血圧にうち勝つため、心臓肥大が起こり、その結果心不全になることもあります。
したがって、こうした合併症を予防するためには、血圧を正常化することが必要です。

二次性についてはそれぞれの原因疾患に応じて適切な治療をする必要がありますので必ず医師の指示に従います。
本態性の治療薬は多くの種類があり、患者さん一人一人に合った副作用の少ない治療が可能になっています。
しかし、生活習慣の改善により患者さん自身の努力でミカルディスが不要になったり、薬を減らしたりできる可能性もありますので、非薬物療法を行うことはとても重要です。

■高血圧症の第一選択薬はこちら
ノルバスク 高血圧
■その他オススメの高血圧症対策の薬
アダラートで脳卒中のリスクを回避
■高血圧治療薬をお探しならこのサイト
医薬品のネット販売はこちらが便利